« 4K, H.265 1080p 動画が再生可能なドラコH3発売! | トップページ | 2.4GHzワイヤレストラックパッド&ミニキーボード(バックライト搭載)のご紹介 »

2015年10月 7日 (水)

アプリ Youtube で 1080p ストリーミング表示を可能にする Tips のご紹介

Screenshot_20150924063430_2

追記です。
2016年9月27日現在、特に以下にご紹介する端末偽装(Spoofing)をしなくても
GoogleのブラウザであるアプリChromeでPCサイトのYoutubeにアクセスすれば
1080p, 4K動画の解像度のストリーミング視聴が可能です。簡単です!
解像度を選択するギアボタンが出ない場合には、右上の設定ボタンで
「PC版サイトを見る□」(Request desktop site□)にチェックを入れると
ギアボタンが出現します。勿論、全画面再生が可能です。

MK903V で1080pストリーミングを実現する方法が御座いますのでご紹介いたします。

昨年に多くのアンドロイド端末でアプリYoutubeのストリーミングの解像度が
最大 720p に制限されるという事態が発生しました。
一時的なアプリのVersion Upにおける不具合で直ぐに解消するだろうという程度に考えていたのですが、
どうもGoogle/Youtubeの方針のようです。全ての端末に1080p以上のストリーミングを
許してしまうとサーバーの負荷が著しくなってしまうことは容易に想像できます。
また、ほどんどの端末では、端末の性能やWiFi性能がボトルネックになって正常に再生することさえ
出来ない筈なのです。
しかし実際には一部の4K表示可能なタブレット等では1080pや4Kストリーミングが可能であることが
わかってきました。

MK903V を 4K 表示のタブレット Nexus 10 に端末偽装(spoofing)して、また表示画面設定
についても偽装することで 1080p 表示において 1080p ストリーミングが可能です。

/system/build.prop のシステムパラメータを以下のように Nexus 10 に偽装します。

ro.product.model=Nexus 10
ro.product.brand=google
ro.product.name=mantaray
ro.product.device=manta
ro.product.board=manta
ro.product.manufacturer=samsung

以上の変更で充分ですが、念のため以下の記述へ変更してもいいと思います。
端末偽装を行う場合には別のアプリにおいては以下のパラメータも重要である場合があるようです。

ro.build.description=mantaray-user 4.2.2 JDQ39 573038 release-keys
ro.build.fingerprint=google/mantaray/manta:4.2.2/JDQ39/573038:user/release-keys

書き換えはアプリ build.prop editor で行うのが比較的安全です。
パラメータを書き換えて SAVE を押しても build prop editor の表示には反映されないのですが
ESファイルエクスプローラーで build.prop を開いて確認すると書き換えられています。
ESファイルエクスプローラーのエディタ等でも書き換え自体は可能ですが
build.prop のファイル属性が書き換わってしまいます。属性をもとに戻しても
正常に起動しなくなる事態が実際に発生しますのでご注意下さい。
※build.propの書き換えに失敗しますと正常に起動しなくなりますのでご注意下さい。

build.prop を書き換えた後、再起動して、
予め端末エミュレータのアイコンを左上に配置しておきます。
以下の wm コマンドで4K表示設定にすると1080p表示では当然ながら画面がはみ出します。
端末エミュレータのアイコンをホームスクリーン上の向かって左上に配置しておくと操作が可能です。

端末エミュレータで
$ su
# wm size 2560x1440
# wm density 320
# reboot
を実行し、再起動後に 
$ su
# wm size reset
# wm density reset
を実行します。
ここでYoutubeを起動して1080p動画を選択して設定に1080pが出現しますので選択して
全画面で視聴すればリアル1080pストリーミングが可能となります。

この方法はルート化された MK903V (Kernel Dec 27) で1080pフルハイビジョン液晶ディスプレイを
接続してYoutube App version 10.34.57で行った例です。

※アプリ Google Play Store の設定において「アプリの自動更新」で「アプリを自動更新しない」に
設定しておく必要があります。これを行わないと Youtube App version 10.37.58 の最新版に
自動更新されてしまいます。残念ながらYoutube App version 10.37.58では上記の方法では
1080pストリーミングが出来ないよう対策されてしまっている模様です。
Youtube App version 10.34.57はGoogleで検索するとダウンロードすることが可能です。

尚、MK903Vは外部アンテナの無いスティック型と比べてWiFi性能が非常に高いのですが
アクセスポイントから8m程度離れた場所では1080pストリーミングを行う場合
WiFiがボトルネックになっているようで動画再生がスムーズに行うことが出来ない場合が
あるようです。Tronsmart製のLANアダプターで有線LAN接続すれば問題はありませんでした。

追記です。
2016年9月24日現在、特に上記の端末偽装(Spoofing)をしなくても
アプリFirefoxにて1080pだけでなく4K動画のストリーミング設定・視聴が
可能であることが確認出来ました(笑)。
以前のFirefoxはアプリYoutubeを呼び出していたようでしたが…
仕様が変わった模様です。
追記です。
2016年9月27日現在、特に上記の端末偽装(Spoofing)をしなくても
ブラウザChromeでもPCサイトのYoutubeにアクセスすれば
1080p, 4K動画の解像度のストリーミング視聴の選択も可能です。
解像度を選択するギアボタンが出ない場合には、右上の設定ボタンで
「PC版サイトを見る□」(Request desktop site□)にチェックを入れると
ギアボタンが出現します。

MK903Vは只今アマゾンで好評発売中です。GadgetsBabyが販売しております。

ご興味が御座いましたら、是非ご注文のほどよろしくお願い申し上げます。

以下はT2エアマウスとT6エアマウスのセットです。価格的にもお得なセットとなっております。 エアマウスとは最近話題の空飛ぶドロイドの姿勢制御に用いられるジャイロスコープセンサー(速度・加速度センサー・慣性センサー)を搭載した操作性にすぐれたマウスで、テレビのリモコンのような形をしておりますが、これを画面に向けて上下左右あらゆる方向に動かすとそれに応じてマウスカーソルが動くという優れものです。私事ですが1986年からマウスを使いはじめてはや30年余りですが、今やこれなくしてはアンドロイド端末を操作することが出来なくなりました(笑)。おすすめです。

« 4K, H.265 1080p 動画が再生可能なドラコH3発売! | トップページ | 2.4GHzワイヤレストラックパッド&ミニキーボード(バックライト搭載)のご紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1948081/61947266

この記事へのトラックバック一覧です: アプリ Youtube で 1080p ストリーミング表示を可能にする Tips のご紹介:

« 4K, H.265 1080p 動画が再生可能なドラコH3発売! | トップページ | 2.4GHzワイヤレストラックパッド&ミニキーボード(バックライト搭載)のご紹介 »